食をコミュニケーションで変える

Our Vision

一次産業  情報産業

食べ物をモノとして消費するだけではなく、
その生産過程にある情報を付加することで価値を向上させ、
一次産業を情報産業として次の世代に残します。

iPhone

KAKAXIは生産者と消費者を結びます。

スマートフォンを通じて生産者と消費者が直接繋がることにより、生産者は愛情を込めて育てた作物がどのように食べられるのか知ることができ、また消費者は、自分が食べているものが、どこでどんな人が、どのように生産したものかを知ることができます。

食べ物はより大切にされ、より美味しく感じられるでしょう。

iPhone

KAKAXIは農地に置かれた“あなたの目”です。

KAKAXIデバイスは農地を観察し、その姿をあなたまで届けます。アニメーションにより可視化された農地や、実際の風景を撮影したタイムラプス映像により、生産現場はより身近となり、食べ物のありがたみを感じられるに違いありません。

iPhone

KAKAXIは食べている人同士を繋ぎ、
新しい食体験を提供します。

今日届いた野菜と、同じ日に同じ場所で採れた野菜を、どこかで誰かが食べています。KAKAXIは生産現場を通じて、これらの人々も繋ぎます。写真やレシピを交換することで、より大勢で料理し、まるで同じ食卓を囲んでいるような気分を味わってください。

kakaxi

KAKAXIは無料で働きます。

KAKAXIに必要なのは、生産者が畑へ行くことと、その時ポケットにスマートフォンを入れておくことだけです。KAKAXIは生産者が近づいたことを感知し、自動的に通信を開始します。太陽光のみで稼働し、通信費がかかることもありません。KAKAXIは無償で生産者に貸与されます。

-機能概要
・カメラによる定期的な撮影
・温度、湿度、日照時間の記録
・Bluetooth+iBeaconによる自動通信
・低電力にて太陽光のみで稼働
・補助バッテリー内臓
・幅70mm×奥行70mm×高さ170mm
・重さ約500g

会社概要

会社名: KAKAXI, Inc
所在地: 411 W. Monroe St.
Austin, TX 78704
役員: CEO 大塚泰造
CFO 永田暁彦
セクレタリー 照井公基
設立: 2014年12月2日
資本金: 860,000USD